ドクター

不安やイライラが収まらない時は鬱病を疑いましょう

不調を一人で抱え込まない

看護師

他の病気の確認

鬱病というのは他人事ではないようです。誰にでも起こる可能性がある病気です。そもそも、鬱とはどのような病気なのか、よく分からない方もいらっしゃるかもしれません。鬱は、気分が暗く落ち込んで悲しい気持ちで心がいっぱいになったり、やる気もでないのが数週間続きます。また不安やイライラの他に幻覚や幻聴、妄想などの症状もでることがあるようです。このような症状が長く続くなら、早めに病院を受診するのが良さそうです。ただ、どこの病院に行けば良いのか、どの診療科で見てもらえば良いのか判断が難しい場合もあるようです。基本的には、鬱が疑われる時には精神科や神経科が良さそうです。ただ、注意したいのは他の脳の病気などの疑いがないかを確かめてもらうことです。これは精神科で血液検査や画像検査、脳波検査などで診断がつくので安心かもしれません。精神の不調には、薬物療法が中心のものも少なくなく、例えば統合失調症や操うつ病も投薬で様子を見ていくことになるようです。精神科や神経科と聞くと、カウンセリングに時間をかけて、相談を聞いてくれる所だと思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、これらの診療科は薬物療法が主な診療内容だと認識しておくと良さそうです。

身体の症状か心の症状か

ただ、病院によっては、別の所にカウンセリング室などがあり、予約をいれて個別に心の不安を聞いてくれるような場もあるようです。特にストレスが原因で身体の不調が起こる心身症などでは、診察や治療は心療内科を紹介される場合もあるかもしれません。また、鬱の疑いがあり、病院に行こうと思った時にメンタルヘルス科やメンタルクリニックという診療科があるのを知っていると、余計にどこで診察をしてもらえば一番良いのかを迷ってしまうようです。ただ、メンタルクリニックやメンタルヘルス科も名前は違いますが、精神科や神経科と同じような患者さんが多く通う所になっていますので、自宅から無理なく通いやすい所にあるなら、その選択肢もあるかもしれません。ほとんどは、精神科や神経科に通っているという心理的なストレスや抵抗を軽くするための呼び方の違いだけのようです。そこで、病院選びのポイントとしては、辛いのは身体の症状なのか、それとも心の症状なのかによって選ぶと良さそうです。ただ、精神科や神経科、心療内科は初診でも予約制の所が少なくないようですので、訪れる前に病院に問い合わせをして事前に確認するべきことは聞いておくと良いかもしれません。

どこで診察を受けるか

下を向く男性

鬱病は、ストレスや生活環境など様々な原因から起きる病気でその症状も、食欲減退や不眠症や何事にも意欲が起きなかったりと色々です。鬱病になると精神科や精神神経科などで病院で診察を受けるのがいいのですが、内科やメンタルクリニックでも診断できるところがあります。薬物療法や精神療法などの治療法があります。

Read More

気分がふさいで辛い時には

病院

何もする気になれない、そのような場合は鬱かもしれません。身近な人に話すのが不可能な場合は、病院の精神科や神経科、あるいはメンタルクリニックを受診しましょう。神経内科や脳神経科、心療内科では鬱の対象外となることがあるので注意してください。また場合によっては、別の病気の疑いもあるので要注意です。

Read More

専門医の力を借りて元気に

カウンセリング

鬱ではないかと感じたら早めに病院を受診することをおすすめします。薬物療法は長期的にみて働きを感じるものであり、副作用があるケースがあります。そのため、副作用がある場合は服用を中断し医師に判断を仰ぐ他、薬を飲んだ時の行動には注意する必要があります。

Read More

病気をコントロールする

聴診器

鬱病は病院で適切な治療を受けることによって治せる病です。病院に足を運べば効果的な薬を処方してもらえます。病院で鬱病の治療を受けるために、自身の病状にあった診療科を選びましょう。また医師との相性を考えることも大切です。

Read More