医者

不安やイライラが収まらない時は鬱病を疑いましょう

どこで診察を受けるか

下を向く男性

色々な治療法

鬱病の原因は様々ですがその人の思考であったり、過剰なストレスや生活環境などが複合して脳になんらかのトラブルが起きて発症すると言われています。鬱病の症状も食欲がない、眠れない、何をするにも意欲が起きないなど人により色々です。鬱病になるとどこで診察を受けるか迷うことがありますが、病院へ行くなら精神科や精神神経科へ行くことです。内科でも鬱に対応してくれる病院もあり、他にはメンタルクリニックなどの看板をあげているところもいいです。そして鬱病の治療法にも幾つかの治療法があります。まず休むことがあげられます。一定の休養を取ることで鬱からの回復をはかる方法です。次に医師やカウンセラーに相談して、話し合いながら解決を目指す精神療法があります。病院の判断で薬物療法を行う場合は、患者の状態に合わせて抗うつ剤を投与されます。抗うつ剤の使用は徐々に始め、副作用が起きないように注意しましょう。慣れてくれば適切な量を投与していきます。抗うつ剤は即効性はなく効果が出てくるのに2週間から3週間かかると言われています。抗うつ剤の効果が出る前に頭痛や吐き気などの副作用が起きたときは、速やかに医師に相談して指示を受けるようにします。

再発予防には

鬱病は一旦治っても再発する可能性がある病気なので、再発予防が重要なのです。鬱病の再発を防ぐには、まず病院で処方された抗うつ剤を服用し続けることです。症状が改善しても自己判断で薬をやめたり、病院へ通うのをやめたりしないことです。鬱病の改善は非常に時間がかかるので、薬物の継続の判断は医師が行うようになっています。また再発予防にはなんらかの兆しをキャッチして、早期に手を打つことも大事です。違和感を感じたら一人で判断せずに、医師に相談して判断を仰ぐようにすることです。そして鬱病から以前の生活に復帰するのに大事なことは、規則正しい生活を送ることです。朝は早くから起床して夜更かしは避ける、3度の食事も決まった時間に食べて薬も決められた時間に飲むようにする、また鬱病そのものを深く理解できるように病気に対する正確な知識を身につけることです。さらに会社や地域の活動やサークル活動などを通じて、人との関わりあいを積極的に進めていくのも大事です。企業の中には鬱に対するリハビリプログラムを実施して、再発予防を行っているところもあります。生活の状況を医師に報告することも規則正しい生活を送るには効果があり、他には病気の原因を冷静になって分析するのもいいです。