医者

不安やイライラが収まらない時は鬱病を疑いましょう

気分がふさいで辛い時には

病院

お勧めは精神科又は神経科

気分的にひどく落ち込んだ状態になるとか、前向きになれない、あるいは常に落ち着かない気持ちでいる、そのような場合は鬱(うつ)かもしれません。鬱の状態がひどく、生活に支障をきたす、仕事にも行きたくなくといった場合は、まず身近な人に相談するのが一番です。しかし話せるような人がいない時、あるいは話を持ちかけにくいような時には、まず病院に行って相談をするのが一番の方法です。その場合、どの病院を受診するのがいいのでしょうか。お勧めなのは精神科、または神経科です。この両方をつなげて精神神経科、あるいは神経精神科と呼ぶこともありますが、診療内容はほぼ同じといっていいでしょう。また病院によっては、メンタルヘルス科と呼ぶこともあります。それとは別に、個人開業医でメンタルクリニックと呼ばれるクリニックもあります。これらのメンタルという名称は、精神科、あるいは神経科という名称に抵抗を感じる人も多いために、近年になって使われるようになりました。こちらも診療内容としては精神科、神経科とほぼ変わりません。いわゆる鬱ではないかと思われる場合は、このうちのどれかに足を運ぶのがいいでしょう。遠くの病院だと行くのが億劫になることもありますので、できれば自宅から近い方がお勧めです。

受診の前に注意すること

ところで神経科とよく似た名前で、神経内科と呼ばれる診療科があります。また神経という言葉が使われている診療科として、脳神経内科、脳神経外科という診療科もあります。ただし神経内科は、脳や脊髄、あるいは神経そのものの病気を診る診療科で、脳神経内科、脳神経外科とは、脳の病気をそれぞれ内科的療法、外科的療法で治す診療科のことです。従って、鬱の場合はこれらの診療科に行っても治療はできません。それから心療内科という診療科もあります。この心療内科は、自律神経失調症など、精神面の問題によって引き起こされる内科的症状、たとえば頭痛とか胃腸障害、貧血などを治療する診療科です。ですからこの場合も、鬱の治療は行っていませんが、心療内科によっては精神科疾患も受け付けていることがありますので、まず相談をしてみるといいでしょう。自分では鬱だと思っているのに、めまいや下痢などを伴う場合も、一度心療内科を受診してみるといいでしょう。それから、鬱の主な症状として出る症状、たとえば頭痛とか倦怠感、あるいは物がうまく呑み込めないといった症状は、実は他の病気にも起こりがちです。ですからこれらの症状が単に続くだけでなく段々ひどくなっていく、それ以外の腹痛や出血などもある場合は、まず内科を受診するようにしましょう。